2015年5月27日 (水)

ちゃんと数えよう

定期本番も近くなって、通し練習が多くなってきました。

なかなか思ったようにはなりません。
短い範囲を取り上げて演奏すれば出来るところも、続けると出来なかったり、体力的に保たなかったりと理由原因はいろいろ。
そして全休符・長休符は鬼門ですね。
ちゃんと数えておかないと落ちちゃいます。
ガイドも有効ですけど、ガイドがガイドにならない時ってありますからね。
曲を覚えて、自分との絡みを把握しておかないと、いざ何かが起こった時に対応できません。
その一瞬にどこにどう合わせるか判断しなきゃいけないことって結構頻繁に発生するもんです。
そのために何ヶ月も練習してきてるんですから。
スコアも必要なら見る事も出来ます。
デモ演奏も親切に用意されてます。
それで今更次にどんなテンポになるのか、今より速くなるのか遅くなるのかも把握できてないってありえません。
だから何度練習しても未だに初見状態から抜け出せない。
指揮があるなしとかでもなく、吹ける吹けないとかでもなく、スコアが読める読めないでもなく、ただの怠けであったり、甘えであったりです。
たくさんアンテナ立てて演奏しなきゃね。
アンテナ立てる余裕もない人が多すぎますね。
本番まで出来る事をして一本でも多くアンテナ立てれるようにできるといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

通し練習

今日は午後からはっすい役員会です。

演出メンバーは早くから集まって大道具小道具の作成をしてましたね。
今年もなかなかの出来映えです。
本番が楽しみです♪
本番前になるといろいろとやらなくてはいけないこと、決めなければいけない事たっくさんでてくるんですけど、それに加えいろいろとイレギュラーな問題も山積で、もう大変です。
なかなか世の中上手くいかないものですね。
役員会終了後はそのまま練習へ突入です。
今年は長い時間の練習会場を押さえる事が出来なくて、毎年本番前に行う通しリハーサルは1部と2部を2日に分けての練習になってしましました。
本番前の通し練習はペース配分とか、続けて吹いた時の問題点とかがわかる大切な練習なんですけど、仕方がありません。
今年は本番一発勝負で全曲通しですね。
18時に練習会場が使用可能になるんですけど、時間前に何人もメンバーが待機して打楽器の搬入やセッティングを手際よくやってくれました!素晴らしい!
なんと先生も18時入りです!(・oノ)ノ
とはいえ練習会場も狭いので、打楽器を詰め込むといっぱいいっぱいです。
そんなバタバタな状態でしたが、通し練習スタート。
先ほどの大道具や小道具たちも、今日から大活躍です。
クラパートもトランペットとトロンボーンを木管席に追いやり、後ろで昨日の練習成果を披露・・・できたんでしょうか・・・
先生からはもぉ少しキレイな音で吹いて・・・と( ̄Д ̄;;ヤバっ
まだまだ演奏上のお約束が守られてなかったり、ピッチもぐっちゃぐっちゃだったりしますが、少し心を落ち着けて吹けば何とかなるところも多数あります。
プログラムを通して吹いても、冷静さと余裕を持って吹けるようにならないと本番乗り切れません。
本番まで後少しです。
ラストスパートかけないとね♪
150607

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

課題曲講習会

毎年恒例の下野竜也氏による課題曲講習会と指揮法講習会に参加してきました。

今回もたいそう勉強になり、涙が出るほどの・・・
笑いをこらえての講習会でした。
どのようにスコアを読み解いていったいいのかとかを解りやすく解説していただけるので、本当に勉強になります。
課題曲での講習会ですが、決してコンクール対策のためのものでなく、純粋に吹奏楽オリジナル曲のスコアを読み解くということで、たまたまその曲が課題曲だったと。
いろいろ問題のある箇所も、ただただけなすのではなく、作曲者の意図を踏まえての対策をたて、がらっとサウンドを変えてしまうところはいつもすごいなと思います。
何が問題なのかが、ちゃんと見えてるからこそできることですよね。
午後からの指揮法講習会は課題曲を2台のピアノで演奏しながら、どのように指揮をしたらいいかなどモデルの指揮者の方の問題点を指摘しながらの講習会でした。
課題曲を2台のピアノで演奏するというのをこれまで聞いた事がなかったので、とても新鮮で面白く、肝心の指揮ではなくついついそっちに目と耳がいってしまって・・・(汗)
そして、これも毎年の事ですが、安易な気持ちで指揮台に立ってはいけないなと思うところです。
そして、夜は
はっすいクラパートの練習。
本日の練習は振り付け練習です。
右向いて左向いて、片膝で座って立って、移動して回って・・・お、覚えられません(泣)
暗譜で吹く事すらたどたどしいのに・・・。
そして座るのは何とかなるんですけど、立つのが・・・・・
みんなと同じタイミングで立つ事がどーにも出来ない・・・ふんって踏ん張ってる時にもうみんな立っちゃってるんですもん・・・。
無理・・・  il||li _| ̄|○ il||li
ということで、秘儀!
みんなより1拍早くふんばる!作戦(^-^;
これでなんとか・・・
一回通しただけで息が上がっちゃって・・・休憩宣言
本番で次の曲吹けるんだろうか・・・(@Д@;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

本番前の怒りモード

とうとうきましたね

本番前の怒りモード(怒)
今日はさすがに怒りを通り越して呆れました。
あまりにも吹けてない、叩けてない。
この期に及んで初見ですか?と思うような有様。
ゆ、許さんっ!!
確かに今年の曲は難しい。
スペシャルに難しい。
でも、これは始めっからわかっていた事。
だから何度も早くから取り組まないと間に合いませんよと言ってきた。
色々と理由を並べてはいたけど、そんな事は関係ない。
どれもこれも事前にわかっていたことだから。
先生にとうとう言わせてしまいましたよね
「指揮みてください」
と・・・
あの変拍子を指揮見ずにどーやって合わせるんだよ。
まだ譜面から目を離す余裕がない?
そうかもしれない。
でもね、
ちゃんと聞いて合わせてますじゃダメなんですよ。
聞いてる時点で遅れてるんですから。
そこを間違えちゃいけない。
聞いて合わせることも必要だけれど、基本は指揮に合わせて吹くことが第一。
だから全てのタイミングが遅いんです。
はぁ、どうしたら練習してくれるんでしょう・・・
ゲームのように代わりに経験値上げとくわぁ
って訳にはいきませんからね。
自分で練習してもらわんと。
お手伝い、おつきあいはなんぼでもします。
でも代わりに練習はしてはあげられないのよ。
誰か代わりに何とかしてくれ・・・・・ませんよ!
甘えるんじゃない!
これくらい許され・・・・ません!
幸い今週末本番という訳ではありません。
まだ挽回の機会はあります。
期待したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大竹で生きている

昨年、市制60周年で二階堂和美さん作曲の「大竹で生きている」の録音・初演に関わらせていただきました。

このたび大竹市のFacebookページにその模様がアップされました。

この曲は今も、ゆめタウン大竹の総菜売り場(お寿司コーナーあたり)で流れてます♪

【これを聞けば、あなたも大竹ツウ‼大竹の新しい歌「大竹で生きている」】「笑顔や元気がいっぱいの よいまち大竹」への思いが込められた大竹の新しい歌「大竹で生きている」。映像には,大竹を愛する多くの方が登場します。これを聞いて,あなたも,...

Posted by 大竹市 on 2015年5月18日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

アブラムシきたー

春先には白い花ばかりだった庭にも色付きのお花たちが咲くようになりました。

150519_2
ラベンダーは昨年バシッと切り詰めたので、咲かないかなぁと思いましたが、見事に元通りに(^-^;
ガッツリ切り詰めても大丈夫なんですね。
150519_1
そしてキュウリもお花が咲き始めました。
ちっちゃなキュウリもできてます。
昨年はこのまま大きくならなくて全滅でしたが、今年はどうでしょう。
ですがちっちゃなキュウリにびっしりついてますっっ(lll゚Д゚)アレがっ
アブラムシです
いやあぁぁぁぁっ
よく見ると、隣の姫リンゴの若芽にもびっしりアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
歯ブラシで撃退・・・
食べるものですから、極力薬剤は使いたくないですもんね。
でも、これから戦いが始まります。
今年は牛乳スプレーかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

アンサンブルはどこいった?

今日は朝から起き上がられず・・・

午後からは演奏会を聞きに行く予定にしてたのですが、とてもとても外出できる元気がなくて。
夜は木管分奏があったので、それまでに何とか回復させねばと、ひたすら寝てました。
定期まで後少し。
分奏ができるのも今日が最後かもしれません。
なのですが、なかなかメンバーも揃わず、もどかしいですね。
昨日のアンサンブルでの久々の響きや合わせる合わせてくれるの感覚・・・
今日はいっさいなし(u_u。)
どーしてこうなる?
もし、私がその立場なら、絶対そんな吹き方しないし、隣の人と自分の吹き方や感じ方が違ってたら、合わせるよう努力します。
そうするのが当たりまえのルールですし、そうしなくては自分のところで音楽の伝言ゲームが終わってしまいます。
それでも合わせられなかったら、何が違うんだろうと考えるし、わからなければどうしたら同じように吹けるか聞きます。
どうしても自分の吹き方にしたかったら、そのようにお願いするなり提案するなりするもんだけれど、そんなこともなく全く違った吹き方、拍取り、ピッチ・・・。
挙げ句の果てに先に合図を出されてしまうという始末・・・
これは完全無視?ですか・・・
それとも「なにやってんだよ違うよこうだろっ」
って暗に言われてるんでしょうかね・・・
みんなバラバラに好き勝手に吹いてる感じがします。
あぁ・・・昨日のアンサンブルはどこいっちゃったんでしょうね・・・残念です。
音も荒れてしまっててうるさいことうるさいこと、聞けたもんじゃありません。
まぁ部屋が狭かったのもあるかもしれませんけれど。
もう少したとえフォルテとか大きくとかいわれたんだとしても、がなりたてる音というのは、ただ単にうるさいだけで客席には届きませんし、響きはなくなりますし、ハーモニーも生まれません。
なんの良い事もないんです。
2度の音のぶつかりは、不協和音ですけれど、ただのうるさい音じゃぁないと思うんですよ。
ちゃんと2度の「響き」ってもんがあると思います。
今日はなんだか、ケンカ売られた感じの音でしたね・・・どうなんでしょうね・・・。
これでいいんでしょうかね・・・よくわかりません。
なんか違う気がしますが、確信が持てません。
バランスってのは吹いてるとよくわかりませんね。
音は前に出るだけのものじゃないし、上にも横にも後ろにもあらゆる空間に響かすことができると思います。
おりゃぁぁぁって吹くと、目の前にしか音は出ない。
前の席の人がうるさいだけ。
そんな音は、一つ二つ横の席には聞こえなかったりするもんです。
なんだかがっかりだなぁ・・・と思いながら、頭痛もひどくなるし、あまり食べてなかったもんですから、途中でエネルギー切れ・・・_ノフ○ グッタリ
本番の後ってのはこれまでも疲れてたんですけど、ここのところの疲れは、これまでと何だか違う気がします。
本当にしんどい・・・というより、だるい、重い。
今日、地球の重力増えました?って感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

五月の風終了

毎年五月の土曜日に開催される室内楽発表会

今年で14回目です。
各団体30分の持ち時間があり、さくらぴあの小ホールでの演奏、それに録音・録画もしてもらえるというなんとも贅沢な発表会です。
今回も
「ららららクラリネットアンサンブル」
クラリネット・マーマレード、canocic suite、フランス組曲、この道
「廿日市吹奏楽クラブクラリネットアンサンブル」
クローネリー・フォー・クラリネッツ、スラヴ舞曲op72-2、セントポール組曲
の2つのグループで演奏させてもらいました。
どちらもなかなか濃いプログラムです。
リハーサル・本番と2つのグループを掛け持ちすると、ずっと吹きっぱなしになってしまうので、ペース配分がとても大事。
練習したいのをグッと我慢して、空き時間は極力吹かないで体力とリードの温存。
朝のリハーサルで本番一押しリードを試してみたのですが、今ひとつ。
ということでV21のデビューとなりました。
こちらも購入して我慢できずにすぐに開けてしまったので、ちょっとピークを過ぎてしまった感じでしたが、良い感じの響きがしてたので、本番はこちらをチョイス。
本番では何だか舞い上がってしまったようで、色々やらかしてしまいましたが、まぁ以前のようにビビラートかかりまくりでボロボロになるようなことはないにしても・・・。
やはり不安な部分というのは本番でほんの少し「あれっ?」って思った瞬間に崩れてしまうものですね(u_u。)
なんだかんだといっても本番の出来は練習の量に比例するものです。
どちらのグループも、ここのところ感じられなかった「合わせる」「合わせてくれる」を感じられる良いアンサンブルだったと思います。
響きがとても気持ちよかった〜。
久々の感触。
うれしいです。
そうそう、
リードですが・・・
帰宅してICレコーダーで録音したものを聞いてみると、朝のリハーサルでイマイチと思ってたV12が思ったよりいい音してました。
吹いてるときはそうも思わなかったんですけどね。
そして、本番で使ったV21これもびっくりするくらい低音が響いててビックリ。
ピアニシモで吹いたつもりのところも、何かに共鳴したように、ぶわ〜っと鳴っててびっくりです。
本番では思わず吹きすぎてしまった部分も多く、そういうところは雑音が入ったり、音が崩れてしまってたり。
やはり直接的な音でなく遠くに響かしてる音を出さなくてはと思います。
さぁ、明日からは定期演奏会の練習に専念です!
こっちもいたしい曲(難しい曲)が多いので頑張らんとね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

久々に

今日は久々に先生が来られてのはっすい練習でした。

練習は毎週ありましたし、間に分奏もパート練習もありましたが、
何だかとても久しぶりに思い切り「吹いた」気がします。
メトロノームに合わせての練習も大切ですが、
やはり先生の指揮で吹くというのは楽しい・・・(*゚▽゚)ノ
ちょっといい気分で吹きすぎた感はありましたが、まぁいっか。
たまには楽しませてくれぃって感じ(^-^;
やっぱり振るより吹くほうがいいや♪
でも振ることでスコアを見る力とか、曲全体をとらえる力とか、なによりテンポ感とか拍子感みたいなのが、吹くことにとてもいい影響が出てきてるようにおもうので、それは良かったかなと思う。
来週の練習も楽しみだ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

ここから始まりました

日曜日にあったメープルマリーナでの演奏は、テントのなかとはいえ屋外ですし、すぐそばは海!

なので、屋外用にしてる楽器を持参。
といってもプラ管でもメタルでもない普通のちゃんとしたクラリネットです。
実は高校に入ってクラリネットを始めたのはいいけど、学校の楽器が悲惨で、クリニックに行っても「これじゃぁダメね」とレッスンしてもらえなかったもんですから、その時入った一年生私を入れて5人全員が同じ楽器を買ったんです。
それがコレ↓
150512
もうウン十年前のものですが、まだまだ使えます。
私のクラ人生、この一本から始まりました。
でもこの楽器じつは高校一年間使っただけでした。
2年生からは先生が、コレ使えってご自分の楽器を貸してくださいましてね〜。
そして卒業後はっすいに入ってからも、これ使えってまたまた個人の楽器を貸していただきまして・・・・。
そして就職して最初のボーナスでRCを購入。
なので、年数たってるわりにはきれいかも。
さすがにメッキがはがれちゃってるところもありますけどね。
今になって思えば、予算を言ったわけでもなく、クランポンとかヤマハとかセルマーなんて言葉も知らない時に、「楽器買います」って言ったら数日後に来た楽器。
もし、これがヤマハのカスタムじゃなく、クランポンのR13とかだったら、また違った運命が待ってたかもしれませんね。
でも、楽器が来て、それぞれに「ほいっ」って渡された楽器だったんですが、ケースを開けたときのピカピカの楽器を見たときの感動というかうれしさは忘れられませんね。
そこでマイ楽器を買ったから、今があるんでしょうし、フルートが定員いっぱいで、他にクラリネットしか楽器の名前が出てこなかったのも運命。
そもそも総合選抜で志望校じゃなかった高校に入ったのも運命。
ジャジャジャ ジャ〜ん
とかなんとか思いながら、潮風と日光に当たった楽器をきれいにお掃除しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«お仕事〜